2017年12月11日月曜日

琵琶湖を抱きしめて!今年もありがとう!

【 2人の日系人のノーベル賞でのスピーチ 】〜 僕は世界の平和にどれだけ関わっているだろか… 〜
[カズオ イシグロ ]は僕と5日違いの同級生だ。5歳まで長崎で育ったそうです。両親の戦争体験、昭和30年代の日本の情景が作品の根底にもあるのだと言う。
[サーロー 節子]さんは広島で被爆して、カナダに移住、生涯をかけて核廃絶の運動を続けていらっしゃる。
お二人の感慨深い感動的なスピーチだった。親に教えられること、経験から学ぶこと。たまたまそこに生まれて、自分の人生を生きていく意味。不安定で不確実な今の世界。○○ファーストばやりで、我が国、我が身が一番。人のことを思う余裕も寛容もない。将来には何の約束もない。平和で希望のある未来を後に残せるだろうか。そのことに自分はどれだけ力を注げるだろうか…
【 琵琶湖を抱きしめて!今年もありがとう!】〜大谷はLAのエンジェルになった!〜
コンサートの後の懇親会では、急遽日本画家の[鈴木靖将]さんのサイン会となりました。[新美南吉]の10編の童話に新しく絵を描かれた鈴木先生の絵本のコーナーを会場に設置しましたら、ファンの方、興味ある方が購入してくださいました。
なんと❗️ 以前コラボレーションした、玉高16回卒の滋賀に住む版画家の[田中武]さんが、鈴木さんと30年来のお付き合いがあると聞きびっくりです⁉️ お互いに「なんでここにいるの?」となったそうです。



京都熊本県人会、京都大分県人会、京都佐賀県人会の会長、九州学院、宮崎出身の方、森頌子さんの同窓の熊本女子大の方… 滋賀最後のコンサートも様々な方に来ていただき、終了後の懇親会も賑わい、3次会の居酒屋まで盛り上がりました。







2017年12月9日土曜日

亡き娘面影、恋の歌に 大津、画家と歌手コラボで新曲(京都新聞)- Yahoo!ニュース

12月8日は[太平洋戦争の開戦記念日]です。どうして始まったのか忘れてはいけませんね。突然攻撃を受けた方はいつまでも忘れません。今世界はとても不安定な状況になってきました。不幸な歴史を今に生かせるでしょうか? もう一つは[ジョン レノン]がニューヨークで銃弾に倒れた日です。 そんな日に【京都新聞】の取材を受け、本日早速記事にしていただきました。滋賀版ですがYouTubeで見ることもできます。[鈴木靖将さん]の亡くなったお嬢さんへの気持ちを込めた詞が泣けます。 ▼亡き娘面影、恋の歌に 大津、画家と歌手コラボで新曲(京都新聞)- Yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000019-kyt-l25

2017年12月8日金曜日

【 それでも師走は行く!今年もライブ残り ラスト5 】〜 底冷えの京都 平安神宮 〜

【 それでも師走は行く!今年もライブ残り ラスト5 】〜 底冷えの京都 平安神宮 〜
比良山のふもとの我が家では、雪が舞っていました。途中(超え)から大原〜八瀬を抜けて、白川通から京都に入る昔からのルートは、帰り道は氷点下になっていました。幸い雪も溶けて、お碗のような〈スーパームーン〉の残り半分が、まだきれいな紅葉が残る山道を明るく照らしてくれました。急に冬が訪れて、ゆっくりと秋を味わう間も無く、もう今年も残すところ20日余りです。紅葉たちは、活躍する場面が少なかったせいか、「私たちまだ、綺麗よ!もっと見て!今年の秋を忘れないでね!」そう囁いているようです。



今熊本から〈済々黌高校〉の生徒さんが修学旅行で関西に来ています。〈荒尾高校〜岱志高校〉時代に校歌を作る際、大変お世話になり、この四月からここの[鶴山教頭先生]が引率で来られていたので、昨夜、〈大津プリンスホテル〉にご挨拶に行ってきました。先日浜大津のイベントでダンスを披露してくれたあのホテルです。今はこういうところに泊まって、ほとんどが個人行動だそうです。冬の空気がとても澄んでいて素晴らしい夜景が広がっています。クリスマスも近づいています。約400人の生徒たちは、滋賀や京都に何を感じてくれるでしょうか… 。




今日の会場は、平安神宮の近くの[NAMホール]でした。6月には3人のバック(ゲストにアリさん)をつけてやらせてもらいました。クラシック音楽が専門で、時々ジャズやアコースティックコンサートが行われる知る人ぞ知る、素敵な隠れコンサート会場です。特製のコーヒーと紅茶、あめちゃんまでオーナーの[中元さん]が用意してくださって、品の良いコンサートとなりました。僕の今年のライブも、あと関西での五か所になってしまいました。幸運にも、寒いけど、天気には恵まれそうな予報です。どこかの会場でお会いできればと思います。どうぞお体を大切に、良い年をお迎え下さい。






🎤 9日の16時50分NHK総合テレビ『明日へつなげるコンサート』で[島津亜矢さん]が「帰らんちゃよか」を歌われると思います。

2017年12月6日水曜日

【 今年も締めくくりは紅白歌合戦の島津亜矢さん❗️】

【 今年も締めくくりは紅白歌合戦の島津亜矢さん❗️】〜 関島秀樹はあと残り6ヶ所のコンサート 〜
 急に寒くなりました。5日の日は、島津亜矢さん紅白出場のお祝いのご挨拶に事務所に行ってきました。前日の「らんたん」ライブには今回も素晴らしいお花を送っていただきました。亜矢ちゃんは千葉で昼夜二日間4公演です。貸切公演のため、いつものファンの方が集まるコンサートと違って『いつもは「亜矢ちゃ〜ん❗️」の掛け声があちこちから聞こえるのに、あまりなくて寂しかった』と言ってました。さぁ今年は何を歌ってくれるんでしょう??? 楽しみに待ちます❗️ 9日(土)16時50〜 NHK総合「明日につなげるコンサート」では『帰らんちゃよか』が聞けそうです。13日(水)はNHKラジオ第1 15時10分〜 ごごラジでも『帰らんちゃよか』の生歌が聴けるかもしれません❗️(NHKさんの島津亜矢さんのプロフィールには「帰らんちゃよか」が代表曲と紹介されています)亜矢ちゃんのお母さんは紅白の衣装選びにお出掛けでした。
 僕はと言うと、毎年熊本で、夏に行っている[クラフト](「僕にまかてください」「言問橋」「さよならコンサート」etc… 。リーダーの[三井誠]さんは「クリスマスキャロルの頃には」の作曲。メロディーメーカーの今はソロで活躍中の[濱田金吾]さん、ドラムは大牟田 三池高校出身の[松藤一英]さん)のコンサートの忘年会でした。当時クラフトの妹的の存在だった[やまがたすみこ]さんや、同じ事務所だった[サスケのカツ]ちゃんも来てくれ、大変な賑わいでした。来年の 8月24日は熊本の〈 CIB 〉がもう決まっています。飲んだ勢いで楽しかったこともありましたが、『 九州ツアーをやろうか❗️』なんて声もリーダーから聞かれました。
昔一緒にやったこともある[はしだ のりひこ]さんも72才で亡くなってしまいましたが、《 歌を人生の糧として続けて来た、今だに元気な僕らが、歌える限り、音楽を作り、生み出し、伝えられる情熱がある限り、精一杯つづけて行くことが、影響を受けたり、尊敬したり、一緒に楽しんで来た、先に逝ったミュージシャンたちへの感謝と鎮魂になるのだ と改めて感じた夜でした》ずっとスーパームーンが見ていてくれました。



【 ひとり旅 】
 “風の森”の番人〈ちび〉


















ホテルから見た〈飯田の町〉と山々


中央自動車から見た〈南アルプス〉

見たことも無い〈バスタ新宿〉から見た〈docomoビル〉

〈新宿駅南口〉





















〈イルミネーションの街路樹〉


















相変わらずの〈渋谷スクランブル交差点〉


35年ほど前に歌っていたライブハウス〈eggman〉がまだあってびっくり❗️


憧れの“日劇”の後に建った有楽町〈LUMINE〉は健在

紅白の出番を待っている島津亜矢事務所のポスター

 最高の〈富士山〉が見送ってくれました

〈琵琶湖〉が暖かく出迎えてくれました

2017年12月4日月曜日

【 40年続いている“らんたん”との奇跡 】〜 どうしてこんなに長く付き合えるのだろう?〜

【 40年続いている“らんたん”との奇跡 】〜 どうしてこんなに長く付き合えるのだろう?〜
何がいいのだろう? ほとんどお互いの事は知らない。プライベートなことも語らない。特別な事は何もない… 。初めてこの店に来たのは僕がデビューする前の23歳の時でした。この場所の前の場所、円山あたりにある小さな店でした。作詞家で2年半前に亡くなった若き日の作詞家[ちあき哲也]さん(飛んでイスタンブール、吾亦紅、仮面舞踏会 など…)や[杉本眞人]さん(吾亦紅、お久しぶりね、今さらジロー など…、)もよくお見かけしていました。
マスターの[小川武志さん]もプロデビュー寸前までいった人で、今でも大好きなビートルズなど、お店のバンドと一緒に音楽を楽しんだり、若いミュージシャンをプロデュースしたりしていらっしゃいます。そんなマスターの人柄に惹かれてミュージシャン、業界の人、面白い人たち、凄い人たち、老若男女が夜な夜な集まってくる不思議なお店です。[ちあきなおみ]さんが歌った名曲『かもめの街』(ちあき哲也 作詞、杉本眞人 作曲)はこの店がモデルと言われています。

そんな様々な人間が行き交った「らんたん」で、僕自身も40年を振り返りながら、久しぶりのライブに酔いしれました。









多分ここには… 音楽をこよなく愛し、人間が好きで、いつまでも人を思いやれる、あたたかい人の心がずっと変わらずあるのだろう… 。人は寂しい… 人は悲しい… だけど人は素敵です…